FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2018'07.14 (Sat)

ボランティアワゴン【第3便】を運行します!

本日、茨木市災害ボランティアセンターに向け、ボランティアワゴン【第3便】が出発しました!

大阪府北部地震の被災地の茨木市や高槻市では、被災された方々から新規ニーズがまだまだ多数寄せられています。

大阪府内の社協では、ボランティアの数が減少する中、この三連休に各市町村社協からボランティアワゴンを運行することになり、河内長野市では、本日、茨木市での災害ボランティア活動を担います。

ボランティアワゴンは、地元社協で活動に必要なオリエンテーションを済ませ、各市町村社協に登録いただいている災害ボランティアのみなさんと、職員が小回りのきくワゴン車で被災地に入り依頼者宅で活動します。

このことにより、参加ボランティアの確保はもとより、災害ボランティアセンター内での滞在時間を最小限にでき、活動時間を増やすことができるとともにボランティアセンター内の混雑も解消できるメリットがあります。

今回のボランティアワゴンにご参加いただいたボランティアさんは、東日本大震災の時からの繋がりのある方など経験が豊富。

暑さの厳しい一日になるかとは思いますが、無理のないよう安全に活動していただける事を願っています。

1531520223600_convert_20180714072123.jpg

20180714_063236_convert_20180714070952.jpg


20180714_063341_convert_20180714071020.jpg
07:11  |  災害ボランティアセンター  |  EDIT  |  Top↑

2018'07.09 (Mon)

ボランティアワゴン【第2便】を運行しました!

この度の前線による水害および土砂崩れ災害で、お亡くなりになられました方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被害に遭われました皆様にお見舞いを申し上げます。

河内長野市社協では、去る7月7日(土)に、河内長野市社協登録災害ボランティアの皆さんと、吹田市社協『きららスマイル復興支援センター』に向け、ボランティアワゴンを運行し被災された方への支援活動を行いました。

ご参加いただいたボランティアさんは、地域の自主防災組織に所属されている方や本会が以前に実施したボランティアバスやボランティアワゴンに参加いただいた方など、災害に対して関心や経験をお持ちの方で、被災された方に寄り添った支援が出来たのではないかと思っています。

ご参加いただきました災害ボランティアの皆様、大変お疲れ様でした。

依頼主さんが早期に普段の生活に戻られることを参加者一同願っています。

大阪の災害支援活動はまだ終わっていません!

ひと事を我が事として、出来るときに出来る活動を行いましょう。

DSC_0027_convert_20180709182533.jpg

20180707_064632_convert_20180709180636.jpg

20180707_143348_convert_20180709180713.jpg

DSC_0046_convert_20180709180757.jpg




18:10  |  災害ボランティアセンター  |  EDIT  |  Top↑

2018'07.04 (Wed)

ボランティアワゴン【第2便】を運行します!

来る7月7日(土)に河内長野市社協に登録していただいている  『災害ボランティア』 を対象に吹田市に向け ボランティアワゴンを運行 します。

7月4日(水)14:00現在、5名の空きがありますので、是非是非ご参加ください。

未登録の方も、災害ボランティア登録をしていただけたら参加いただけます。

皆様の熱い思いと力を吹田市に届けましょう!

<ボランティアワゴン運行の詳細について>

6月18日(月)午前7時58分頃、大阪府北部の深さ約13㎞を震源とする マグニチュード6.1の地震が発生し、大阪府では大阪市北区、高槻市、枚方市、茨木市、箕面市の5市区で震度6弱、大阪府や京都府の18市区町村で震度5強の揺れが観測されました。
震源地に近い各社協では、発災後、ただちに災害ボランティアセンターを立ち上げ、被災者のニーズに寄り添った支援を展開されています。河内長野市社協では、地震発生の翌日から継続して職員を被災地に派遣し、災害ボランティアセンターの運営支援およびボランティア活動を行ってきましたが、このたび、被災された方々に早期に普段の生活を取り戻していただくため、『ボランティアワゴン』を運行することにしました。つきましては、急なご連絡で恐縮ですが、ボランティア活動に参加いただける方は、電話(0721-65-0133)によりお申し込みをお願いします。

【詳細】
◆活動日:平成30年7月7日(土)
◆活動時間:9:30~16:00
◆募集人数:10名(先着順)同行する社協職員も含みます。
◆活動場所:吹田市社協 きららスマイルセンター(復興支援センター)
◆活動内容:被災家屋内のフローリングおよび防音材剥がし、家具の移動、かたづけ等
◆ボランティア保険:平成30年度未加入の方は本会で負担し加入します。
◆持ち物:◎昼食・飲み物◎防塵マスク◎手袋・軍手◎タオル◎雨具◎保険証のコピー○帽子またはヘルメット○ゴーグル(◎は必ず持参必要)
◆申込受付:案内送信後から7月5日(木)15:00まで 
◆申込電話番号:0721-65-0133 担当:大西
◆申込みは先着順で募集人数に達した段階で終了します。
◆集合時間:7月7日午前6時30分集合⇒オリエンテーション⇒午前7時出発(時間厳守)
◆集合場所:河内長野市立福祉センター「錦渓苑」駐車場<住所>河内長野市大師町26-1
◆福祉センターにマイカーを留め置くことはできませんが、集合場所までマイカーで来られる場合は電話にてご相談ください。
◆河内長野市到着時刻:18:30頃を予定(現地出発時刻17:00)

【注意事項】
◆被災地では震度3以上の余震が発生する可能性があり危険を伴います。
◆天候などで活動が中止になる場合があります。
◆活動場所・活動内容は変更になる場合があります。
◆万一の事故に備えて天災担保付ボランティア保険に加入していただきますが、安全管理や健康管理をご自身でできない方のお申込はご遠慮します。
◆真夏の被災地は厳しい活動環境が続いています。熱中症対策、急な雨対策は万全に。
◆申込受付後活動が出来なくなった場合は必ずキャンセルのご連絡ください。
【その他】
◆現地のくわしい情報は、吹田市社協ホームページ及び吹田市社協ブログへ
http://www.suisyakyo.or.jp/
http://suitasyakyou.blog103.fc2.com/


14:04  |  災害ボランティアセンター  |  EDIT  |  Top↑

2018'06.26 (Tue)

平成30年大阪北部地震への対応について【1】

このたびの大阪北部地震において、お亡くなりになられました方に心よりご冥福をお祈り申し上げますとともに、被害を受けられました方々にお見舞い申し上げます。

本会では、6月19日(火)より大阪府社会福祉協議会および大阪府市町村社協連合会の先遣隊の一員として、職員を被災地社協へ派遣し、被害状況の把握やこれからの支援方法等について検討するとともに、災害ボランティアセンターの運営応援スタッフとして、職員派遣を行っています。
また、災害ボランティアセンターで必要な資機材を各ボランティアセンターへ貸出・提供を行っています。

今後も被災地の一日も早い復旧・復興を願い、被災地社協および被災された方々への寄り添った支援を行ってまいります。
どおか多くの皆様方のご支援ご協力をお願い申し上げます。

蟷ウ謌撰シ難シ仙ケエ螟ァ髦ェ蛹鈴Κ蝨ー髴・∈縺ョ蟇セ蠢彑convert_20180626161139

ボランティア活動情報 はこちら
12:06  |  災害ボランティアセンター  |  EDIT  |  Top↑

2016'11.10 (Thu)

鳥取県倉吉市災害ボランティアセンターでの活動報告(ボランティアワゴンの運行)

 10月30日(日)倉吉市災害ボランティアセンターでの活動報告

○河内長野市社協・太子町社協・吹田市社協職員有志(3名)による活動
○現地(活動現場)調査チームの編成およびマッチング(午前1回午後1回)
 鳥取県内の防災士と地元高校生とのチームづくりおよびマッチング、収集データのまとめ
○ブルーシートを屋根に張るための土嚢袋づくり
○現地(活動場所)調査など
DSC02696_convert_20161110143202.jpg
 現地調査のチームづくりおよびマッチングの様子
DSC02697_convert_20161110143239.jpg
 土嚢袋作りの様子
DSC02706_convert_20161110143308.jpg
 現地調査の様子・・・ボランティア活動の依頼のあった世帯の訪問による活動確認の様子

 11月6日(日)の倉吉市災害ボランティアセンターでの活動報告

○大阪府社協(2名)、河内長野市社協(1名)、河南町社協(1名)、太子町社協(1名)、柏原市社協(1名)、門真市社協(1名)、高槻市社協(1名)、豊能町社協(1名)、吹田市社協(2名)による活動
○被災家屋の屋根へのブルーシート張り(コミサポ広島さんと活動)
○災害ボランティアセンターのマッチングおよびオリエンテーションスタッフの応援
○被災家屋の瓦の撤去・倒壊したブロック塀の分解撤去・ブルーシート張り・カーポート屋根の清掃
○倒れかけのブロック塀の分解撤去など
20161106_100614_convert_20161110143839.jpg
 マッチングおよびオリエンテーションの様子
received_1817450671834450_convert_20161110144305.jpeg
DSC02732_convert_20161110143945.jpg
 ブロック塀の解体・撤去、屋根瓦の撤去、屋根に残っている割れた瓦の撤去の様子
DSC02733_convert_20161110144011.jpg
 瓦が割れた屋根へのブルーシート張りの様子
received_571385463056416_convert_20161110144047.jpeg
 倒れかけたブロック塀の解体・撤去の様子

 10/30、11/6両日の活動・現地の様子をふまえ、河内長野市社協から『災害ボランティアワゴン』を運行することとしました。

鳥取県倉吉市社会福祉協議会では、10月22日(土)に災害ボランティアセンターを設置し、被災された方々の支援を行っており、鳥取県外からも広くボランティアを募集されています。(H28.11.10現在)
本会では、『少しでも被災地の力になれたら・・・』
      『雪が降る前に・・・』
       『応急処置が終わりお正月を自宅でゆっくり迎えていただきたい・・・』
などの思いから、ボランティアワゴンを運行することといたしました。
皆様のご参加ご協力をよろしくお願いします。
1_convert_20161110133543.jpg
2_convert_20161110133616.jpg
3_convert_20161110133639.jpg
4_convert_20161110133701_2016111013374904e.jpg
 11/13(日)ボランティアワゴンの活動報告

当日は、発災後10/22から上灘公民館に設置された災害ボランティアセンター最後の日。

11/14(月)は、引っ越しを行い11/15(火)からは、大正町のまちかどステーションで災害ボランティアセンターを再開するそうです。
くわしくは、倉吉市災害ボランティアセンター

P1160254_convert_20161121173819.jpg
P1160257_convert_20161121174025.jpg
 災害ボランティアセンタースタッフと活動ニーズの打ち合わせの様子
P1160259_convert_20161121174107.jpg
 11/12の災害ボランティアセンターの活動状況の様子
P1160262_convert_20161121174146.jpg
 河内長野市社協の登録ボランティアさんと活動手順の打ち合わせの様子
P1160268_convert_20161121174224.jpg
 活動場所の確認の様子
DSC02759_convert_20161121174525.jpg
 当日の活動1:ブロック塀や瓦の撤去および生活課題への支援を行いました。生活への支援も災害ボランティアセンターの大切で見逃せない活動です。
DSC02751_convert_20161121174608.jpg
 当日の活動2:ブロック塀の撤去の様子
P1160276_convert_20161121174336.jpg
DSC02760_convert_20161121174420.jpg
 当日の活動3:活動を見て声をかけに来られた方への対応の様子(地震で傾いた納屋の撤去)

作業だけでなく被災された方への傾聴、話し相手などを大切に1日活動を行い、活動後はボランティアセンターにきちんと活動報告を行いました。
河内長野市社協登録災害ボランティアの皆さん、お疲れ様でした。
そして、倉吉市災害VCスタッフの皆さん、お世話になりました。
そして、依頼者の方々、早く元気になってくださいね。
12:17  |  災害ボランティアセンター  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT