FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011'08.12 (Fri)

東日本大震災発生から5ヶ月が経ちました

早いもので震災発生時の雪の磐梯山も5ヶ月が過ぎ今は夏を迎えました。
DSC00218_convert_20110812003537.jpg DSC00217_convert_20110812003735.jpg DSCN0282_convert_20110812003846.jpg DSCN0283_convert_20110812003933.jpg
被災地岩沼も震災発生当初とはうって変わり凄くきれいになって来ました。
ただ、今までたくさんの家が立ち並び集落があったところが家が取り壊され広々とした空き地になっていく光景を見ているといたたまれません。
被災された方々の大半はその集落(自治会)ごとに仮設住宅で生活されているということで、今までのコミュニティは保たれているのかなぁと思っています。しかし中には被災家屋で生活されている方や別の地域で暮らしている方など震災前のようには行かないのが現実で、復興支援センタースマイル(旧:岩沼市災害ボランティアセンター)の生活支援での活躍が期待されます。
そんな中、岩沼復興支援センタースマイルに群馬県から中学生が体験学習に来られ、その際のスタッフの講話の中で私たちの入った二の倉生活センターと児童修練館のことを取り上げていただいたそうです。講話の中では、『何もかもを奪い取った自然の力も大きいけど、そこから這い上がり、手と手を取り合って前へ進む人間の力も大きいと』いうお話を作業前後の画像を使ってされたそうです。
私たちの活動が福祉教育にも役に立っている!うれしい限りです。
DSCF5539.jpg DSCF5540.jpg
ボランティアバス運行については早期に取り組むことができ、募集3回+R建設の計4回の合計162名もの皆さんのボランティア協力を得て無事終えることができました。その節は大変お世話になりありがとうございました。
今でも数は少ないですがニーズが上がってくるそうですが、登録ボランティアの皆さんや企業、法人、V団体などのボランティアバスの活躍で順調にいっているようです。
ただ、震災後訳があっていまだ手つかずの家屋があるのも現実で、8月4・5・6日にかけて近隣の社協職員のKさん・Sさんとボランティア活動をしてきましたので報告させていただきます。(河)
 震災後5ヶ月間手つかずの家3棟の1階部分です。
  家の中はやはり洗濯機を回したかのように渦をまいて家具や電化製品、瓦礫がぐちゃぐちゃになっています。
DSC00473_convert_20110817022208.jpg DSC00474_convert_20110817022321.jpg DSC00481_convert_20110817022435.jpg DSC00477_convert_20110817022603.jpg
 震災後5ヶ月間手つかずの家3棟の2階部分です。
  2階部分まで水につかってある家は私にとってもはじめての経験です。津波の高さが覗えます。
DSC00478_convert_20110817022711.jpg DSC00479_convert_20110817022818.jpg DSC00480_convert_20110817023055.jpg DSCN0340_convert_20110817024421.jpg
 震災後5ヶ月間手つかずの家3棟の外側部分です。
  津波が3棟の家の壁を突き破っています。凄い力ですね。
DSC00475_convert_20110817023242.jpg DSCN0329_convert_20110817024511.jpg DSCN0349_convert_20110817025112.jpg 
 アマゾンさんのボランティア団体とのオリエンテーション
  メンバーには女性の方や外国人の方も。国外からの応援もほんとありがたいですね。
DSCN0330_convert_20110817024601.jpg DSCN0331_convert_20110817024652.jpg DSCN0336_convert_20110817024741.jpg DSCN0385_convert_20110817070431.jpg
 アマゾンさんの協力でどんどん作業が進んでいきます。継続してボランティア活動されているだけあって手際がいい。やはり人が力を合わせば大きい力になる!
DSCN0366_convert_20110817024839.jpg DSCN0369_convert_20110817024934.jpg DSCN0348_convert_20110817025025.jpg DSCN0344_convert_20110817070523.jpg
 作業後:2階部分まで津波による土砂が一面あったのがこのとおりピカピカ
DSCN0377_convert_20110817025250.jpg DSCN0382_convert_20110817025339.jpg DSCN0383_convert_20110817025428.jpg DSCN0378_convert_20110817070609.jpg
 作業後には外に大きな瓦礫やゴミの山が・・・
  午後3時:アマゾンさんと記念撮影をしリーダーのOさんらと熱い握手をしお別れです。
  午後5時:家主さんとのお別れです。復興支援センターからもスタッフが・・・     
DSCN0366_convert_20110817025515.jpg DSCN0389_convert_20110817025605.jpg DSCN0395_convert_20110817025658.jpg DSCN0406_convert_20110817025756.jpg
 あのテント村はひっそり・・・この日はテント3張でした。そのうちの1人は村長さんです。
   朝5時30分起床し少し物思いにふけります。
    朝食を食べて新潟県三条市下田体育館を目指します。
   大阪到着予定は午後9時です。 
DSCN0410_convert_20110817025852.jpg DSCN0411_convert_20110817025940.jpg DSC00484_convert_20110817023422_20110817032701.jpg DSC00483_convert_20110817023549.jpg
 帰阪して:今回の作業はアマゾンさんの協力がなければ終わらない作業でした。作業内容にもご理解をいただき、スムーズにいいチームワークで作業できたことに感謝しています。ほんとうにありがとうございました。また、8月末お会いできることを楽しみにしています。また、社協職員という立場を捨てボランティアとして参加し他のボランティアの皆さんといっしょに汗をかき活動することによって、ボランティア側の気持ち・立場になり考えることができ、私にとっても学びの多い日となりました。
この日8月27日(土)に再び岩沼入りし被災家屋のかたづけをする震災後手つかずの家とニーズ確認をしました。これからメンバー調整をしたいと思います。  (河)
DSCN0404_convert_20110817101404.jpg DSCN0399_convert_20110817100931.jpg DSCN0403_convert_20110817101313.jpg DSCN0398_convert_20110817100851.jpg
DSCN0400_convert_20110817101049.jpg DSCN0401_convert_20110817101150.jpg DSCN0402_convert_20110817101233.jpg DSCN0397_convert_20110817100806.jpg
























 













関連記事
01:50  |  災害ボランティアセンター  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |