FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2016'11.10 (Thu)

鳥取県倉吉市災害ボランティアセンターでの活動報告(ボランティアワゴンの運行)

 10月30日(日)倉吉市災害ボランティアセンターでの活動報告

○河内長野市社協・太子町社協・吹田市社協職員有志(3名)による活動
○現地(活動現場)調査チームの編成およびマッチング(午前1回午後1回)
 鳥取県内の防災士と地元高校生とのチームづくりおよびマッチング、収集データのまとめ
○ブルーシートを屋根に張るための土嚢袋づくり
○現地(活動場所)調査など
DSC02696_convert_20161110143202.jpg
 現地調査のチームづくりおよびマッチングの様子
DSC02697_convert_20161110143239.jpg
 土嚢袋作りの様子
DSC02706_convert_20161110143308.jpg
 現地調査の様子・・・ボランティア活動の依頼のあった世帯の訪問による活動確認の様子

 11月6日(日)の倉吉市災害ボランティアセンターでの活動報告

○大阪府社協(2名)、河内長野市社協(1名)、河南町社協(1名)、太子町社協(1名)、柏原市社協(1名)、門真市社協(1名)、高槻市社協(1名)、豊能町社協(1名)、吹田市社協(2名)による活動
○被災家屋の屋根へのブルーシート張り(コミサポ広島さんと活動)
○災害ボランティアセンターのマッチングおよびオリエンテーションスタッフの応援
○被災家屋の瓦の撤去・倒壊したブロック塀の分解撤去・ブルーシート張り・カーポート屋根の清掃
○倒れかけのブロック塀の分解撤去など
20161106_100614_convert_20161110143839.jpg
 マッチングおよびオリエンテーションの様子
received_1817450671834450_convert_20161110144305.jpeg
DSC02732_convert_20161110143945.jpg
 ブロック塀の解体・撤去、屋根瓦の撤去、屋根に残っている割れた瓦の撤去の様子
DSC02733_convert_20161110144011.jpg
 瓦が割れた屋根へのブルーシート張りの様子
received_571385463056416_convert_20161110144047.jpeg
 倒れかけたブロック塀の解体・撤去の様子

 10/30、11/6両日の活動・現地の様子をふまえ、河内長野市社協から『災害ボランティアワゴン』を運行することとしました。

鳥取県倉吉市社会福祉協議会では、10月22日(土)に災害ボランティアセンターを設置し、被災された方々の支援を行っており、鳥取県外からも広くボランティアを募集されています。(H28.11.10現在)
本会では、『少しでも被災地の力になれたら・・・』
      『雪が降る前に・・・』
       『応急処置が終わりお正月を自宅でゆっくり迎えていただきたい・・・』
などの思いから、ボランティアワゴンを運行することといたしました。
皆様のご参加ご協力をよろしくお願いします。
1_convert_20161110133543.jpg
2_convert_20161110133616.jpg
3_convert_20161110133639.jpg
4_convert_20161110133701_2016111013374904e.jpg
 11/13(日)ボランティアワゴンの活動報告

当日は、発災後10/22から上灘公民館に設置された災害ボランティアセンター最後の日。

11/14(月)は、引っ越しを行い11/15(火)からは、大正町のまちかどステーションで災害ボランティアセンターを再開するそうです。
くわしくは、倉吉市災害ボランティアセンター

P1160254_convert_20161121173819.jpg
P1160257_convert_20161121174025.jpg
 災害ボランティアセンタースタッフと活動ニーズの打ち合わせの様子
P1160259_convert_20161121174107.jpg
 11/12の災害ボランティアセンターの活動状況の様子
P1160262_convert_20161121174146.jpg
 河内長野市社協の登録ボランティアさんと活動手順の打ち合わせの様子
P1160268_convert_20161121174224.jpg
 活動場所の確認の様子
DSC02759_convert_20161121174525.jpg
 当日の活動1:ブロック塀や瓦の撤去および生活課題への支援を行いました。生活への支援も災害ボランティアセンターの大切で見逃せない活動です。
DSC02751_convert_20161121174608.jpg
 当日の活動2:ブロック塀の撤去の様子
P1160276_convert_20161121174336.jpg
DSC02760_convert_20161121174420.jpg
 当日の活動3:活動を見て声をかけに来られた方への対応の様子(地震で傾いた納屋の撤去)

作業だけでなく被災された方への傾聴、話し相手などを大切に1日活動を行い、活動後はボランティアセンターにきちんと活動報告を行いました。
河内長野市社協登録災害ボランティアの皆さん、お疲れ様でした。
そして、倉吉市災害VCスタッフの皆さん、お世話になりました。
そして、依頼者の方々、早く元気になってくださいね。
関連記事
12:17  |  災害ボランティアセンター  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |